オフショア開発に求める もの 、それは一体何でしょうか?
ソフトウェアやシステムを海外のIT企業に依頼して開発する。これが、いわゆるオフショア開発の基本形態です。ひと時代前、日本の企業は、安い人件費を求めて海外でのソフトウェア開発を始めました。この時のオフショア開発の目的は当然ながら開発費の削減でした。それは、今も尚、委託する相手国は違っても継続あるいは拡大しています。ベトナムのオフショア開発でも従来は、ポスト中国ということで、安い賃金に着目したものでした。しかし、最近はベトナムのオフショア開発も変わりつつあります。いろいろな課題より、 オフショア開発に求める もの は、オフショア開発企業との関係の変化も含め、大きく変わってきています。変わっていく方向はいくつかあると思いますので、ここでは次の3つについて考えてみます。

従来のオフショアとしての形を追求する

まず今までのオフショア開発の問題点などを見直して、コストメリットの享受を追い続けるというやり方がまず考えられます。この場合、オフショア開発に求める ものは基本的には同じなのですが、その手段としての体制などに違いが出てきます。最近の傾向として、いろんなオフショア開発会社のWebサイトをみるとすぐにわかりますが、ほとんどのところが「ラボ型開発」への転換をリコメンドしています。

オフショア開発に求める もの ラボ型開発

オフショア開発の取っ掛かりでは、少人数で行うことが多いので、ほとんどの場合「委託型開発」になります。でも、この「委託型開発」では、自由度や柔軟性が低いということがネックとなり、予算やリソース面への影響が出て安くなります。ここで有効とされるのがこの「ラボ型開発」だと言われています。専属に近いチームが確保できるため、予算化が容易となり、継続した人材確保や安定した品質の維持が期待できるというものです。

オフショア先を開発センター(ODC : Offshore Development Center)化してしまって、自社の一部門的な扱いにすることができます。いくつかの問題点もありますが、人材不足が続く日本のIT業界におけるリソース確保の点で考えると、現実的な解として活用されつつあります。

自社リソースとする

ベトナムで暮らしていると昔の会社関係の友人から、いろんなことを頼まれることがあります。一番多いのが、ベトナムにいるなら良いオフショアの会社を知っているだろうから教えてくれというものでした。「でした」というのは、これは、2、3年前の話であって、最近では「ベトナム人のエンジニア」が欲しいがどうすればよいか?という話が多くなってきました。日本での人材確保ができないので、ベトナム人エンジニアを自社の社員として採用したいというものです。
久しく言われ続けているエンジニアの枯渇問題が、ここにいても実感として伝わってきます。一方、ベトナムでは、ITエンジニアは人気の職業です。

オフショア開発に求める もの 人気職種 

出典:せかいじゅうライフ https://sekai-ju.com/life/vnm/carrier/vietnam-income/

ベトナムでは、毎年、4~5万人がIT系の学部を卒業し、そのうち日本市場向けアウトソーシングで働くのは2万人と言われています。確かにこの豊富な人材に着目すれば、自社の戦力として活用したくなるのは当然ですね。オフショア開発とは違って、あくまでも自社のリソースとして採用して組織体制を維持するということになります。実際に、日本企業の中には、ベトナムに限らず海外リソース活用をやっている会社はたくさんありますし、またベトナムのオフショア企業の中には、自社人材ではなく、外部からリクルートをした人材を斡旋してくれるところもあるようです。

オフショア開発に求める のではなくパートナーの関係へ

自社リソースとしての採用は、ベトナム人の個人のスキルに着目した人材としての活用になりますが、さらに将来を考えるときに見えてくるのは、このベトナムビジネス市場のポテンシャルの高さです。今後も継続して会社を発展させていくためには、新しい市場の開拓を避けて通ることはできません。その解決策としてベトナム市場への進出は、大きな魅力あるビジネスチャンスです。

ベトナムのIT企業を単なるオフショア先、開発業務を依頼する相手として捉える時代は、そう長くは続かないでしょう。ベトナムのIT企業自身も委託されるオフショア開発だけではなく、蓄積された技術、ノウハウを基に、独自にベトナムやその他の市場でのビジネスを展開し始めています。彼らは、ますます力をつけてくるでしょう。
今後は、現在はオフショア委託先としている相手を対等のパートナーとして位置づけ、競合ではなく、協業の形を取っていくのが望ましい姿ではないかと思います。
このためには、いきなりパートナーとしての相手を探すより、手始めにオフショア開発をおこない、その中で、信頼できる、技術力の確かなベトナムのIT企業を見つけるというのが、現実的な解だと思われます。

パートナー

弊社(株式会社BAP)は、オフショア開発を行う会社であるとともに、優れた技術を持ち、さらにAI、ブロックチェーン、ゲームなどの分野で独自の製品を市場に送り出しています。社長はベトナム人であり、現在は日本に住んでいることもあり、日本とベトナム、両方の市場に造詣があります。したがって、オフショア開発はもちろんのこと将来の御社のパートナーとしても必ずお役に立てるものと信じています。

最後に

オフショア開発に求めるものと言っても、結局は相手とどのような立場でつき合って行くかということで変わってきます。今、オフショア開発を担っている国はいわゆる発展途上国がほとんどです。でも、いつまでも発展途上ということはなく、そのうち日本と対等になりさらには、一気に追い抜かれるかもしれません。これが遠い先であればいいのですが、日本の人材不足の状況などを見ていると意外と近い将来かもしれません。オフショア開発に求めるものというか、今オフショア先として付き合っている相手との関係とそこに求めるものは、遠からず変わってくるのではないでしょうか。

株式会社BAPでは、東京の事務所に常駐するベトナムの開発者と日本語で話ができ、Skypeなどを用いて現地の開発者の生の声を聞くことができます。開発に関するご相談やお問い合わせはこちらまで。