これからヒットするライブ配信アプリとは?

近年、ますます注目されているライブ配信アプリ。2020年から5Gが開始され、4Gよりも高画質でタイムラグのないライブ配信が実現するでしょう。これによりライブ配信市場の競争はさらに激しくなると考えられます。そこで、今回はライブ配信アプリが人気となった理由と今後生き残るアプリはどんなものか見ていきましょう。

 

 

1.ライブ配信アプリが人気の理由

ライブ配信アプリ 人気の理由

ライブ配信アプリが人気の理由をYoutubeなどの動画共有サイトと比較して見ていきましょう。ライブ配信アプリが動画共有サイトと違う点は、主に3つあります。1つ目は即時性です。ライブ配信アプリは視聴者の反応をコメントをとおしてすぐに見ることができます。また、視聴者はコメントをした際に、配信者から名前を読んでもらえることもあります。このように友達とおしゃべりしているようなリアルタイムなコミュニケーションがとれるという点がユーザーにとって大きなメリットであると考えられます。2つ目は双方向性です。ライブ配信アプリは視聴者参加型です。通常の動画共有サイトは配信者がシナリオどおりに作られた動画を投稿するので、配信者から視聴者への一方向であると言えます。これに比べて、ライブ配信アプリは視聴者からの質問が会話のトピックになることがあります。このように配信者と視聴者が双方向に働きかけて配信を楽しむことがライブ配信アプリの醍醐味です。3つ目は希少性です。アーカイブ機能をもつ生配信はありますが、基本的にライブ配信された動画は、配信終了後には残りません。視聴者にとって、配信者すなわち憧れの人と今を共有していることに価値を感じるのだと思います。

 

2.生き残るにはオリジナルのサービスやコンテンツが必要

ライブ配信アプリ オリジナルのサービスやコンテンツが必要

数多くのライブ配信アプリが存在する現在、他のアプリに埋もれずに生き残るためにはオリジナリティが必要だと考えます。ライブ配信アプリの基本的な機能は動画配信、リアルタイムコメント、投げ銭などが挙げられます。しかし、このような一般的な機能のみでは生き残るのは難しいでしょう。実際に国内でトップのユーザー数を誇るライブ配信アプリはそれぞれに特徴があり年齢層も異なります。また、「投げ銭で稼ぎたい」「ゲーム実況をしたい」「見る専門で使いたい」というように、ユーザーによって、様々な使用目的をもっています。したがって、ターゲットを絞り何かに特化したコンセプトがあるとユーザーの使用目的にマッチしやすいです。以上のことから、新しくライブ配信アプリを作りたい場合は、特定のユーザーに向けたオリジナティのあるサービスやコンテンツを考えると良いでしょう。

 

3.音楽好きのためのライブ配信アプリ「LiveDreamer」

ライブ配信アプリ LiveDreamer

様々なライブ配信アプリが溢れる中、このLiveDreamerは音楽に特化しています。ターゲットはアーティストと音楽が好きな人で、アプリ内でライブや動画、ニュースなど、音楽活動を拡散することが可能です。現在、女子高生や女子大生を中心にユーザーが増加しています。これまで、アーティストがメジャーデビューするまでの過程として、こつこつとライブに出演して知名度を増やし、音楽関係者に認められる必要がありました。しかし、LiveDreamerがあれば、高額の会場費用を準備し、チケットを売る行為は必要ありません。また、メンバー募集にも使えるので、アーティストがフリーランスとして活動するのに最適なツールです。LiveDreamerはアーティストが才能を自由に発揮できる新しい場として今後活用されていくでしょう。

 

 

4.最後に

株式会社BAPはライブ配信アプリ開発の実績があり、いつでもお客様の要望に沿ったアプリを開発することができます。開発のご相談はこちらまで。

最新のニュースについては、Facebookで連絡してください。