ブロックチェーン技術

ブロックチェーン開発 -オフショア開発・ラボ型開発なら株式会社BAP
ブロックチェーン開発 -オフショア開発・ラボ型開発なら株式会社BAP
ブロックチェーン開発 株式会社BAPでは2016年より ブロックチェーン開発 を手がけています。 約3年間に渡る実績を通して、大手企業へのコンサルティングから有望なスタートアップの開発支援まで幅広い経験を積むことができました。 多くのシステム設計経験に基づくビジネスモデルのコンサルティングから、サービスアプリ、プラットフォームの開発まで、日々多くのお問い合わせを頂いております。   2018年時点のブロックチェーンは応用の幅が広く、改良の余地も十分に残されているダイヤの原石のようなシステムです。 ブロックチェーンビジネスを計画しているクライアントは、常にブロックチェーンの利点や、スマ ...
一覧へ
マイニング 【mining】- ブロックチェーン開発 なら株式会社BAP
マイニング 【mining】- ブロックチェーン開発 なら株式会社BAP マイニング は、1.新たなトランザクションのデータをトランザクションプール中から抽出し、2. ハッシュIDを元にいくつかのトランザクションをまとめて新たなブロックを形成し、3. 1つ前のブロックに追加するプロセスです。ビットコインやイーサリアムの成功はマイニング報酬による運営者の動機付けに依存しているので、 パブリック型の ブロックチェーン開発 を考える上で、マイニングの設計は重要な意味を持ちます。 ビットコインの場合、このブロック形成のための作業をネットワーク内のマイニング用ノード同士で競争を行い、最も早く追加したマイ ...
ブロック【block】- ブロックチェーン開発 ・オフショア開発なら株式会社BAP
ブロック【block】 – ブロックチェーン開発 ・オフショア開発なら株式会社BAP ブロックチェーンシステムにおいて、一定量のトランザクションデータをまとめて永続的に記録するファイルを ブロック と呼びます。 ブロックチェーン開発 においてはブロックの設計によってトランザクションスピードに影響がでるため、重要な項目です。 時間とともに新たに生成されたトランザクションデータは、1.トランザクションプールと呼ばれるデータ貯蔵庫に一時的に保管され、2. マイニング作業によって新たなブロックとしてまとめあげられ、3. 正当性が承認されると古いブロックに繋がれてチェーンを形成します。 ブロ ...
トランザクション【Transaction】
トランザクション【Transaction】 入出金情報の管理のように、複数の更新処理を連続で実行し、関連性のある一塊のデータとして管理する必要があるシステムの場合、複数のデータ処理更新を1つの単位にまとめ、管理することが可能です。この処理単位のことを トランザクション と呼びます。 ブロックチェーン上ではトランザクション一つ一つをいつでも参照できるようになっています。   複数の連続更新処理を行う際に、全処理が無事に成功したときだけデータベースの変更を実行することができます。 また、何らかの原因によって一部の処理が正しく実行されなかったときは全更新処理をキャンセルして作業全体を取り消 ...
タイムスタンプ 【Timestamp】
タイムスタンプ【Timestamp】 タイムスタンプ ( timestamp)はあるイベントが記録された日時・日付・時刻などを記録し、記録が存在していることと改竄されていないことを証明するシステムを指します。 電子署名などで用いられているRFC3161 Time stamp protocolではPKIを利用しており、時刻認証局(TSA:Time-Stamping Authority)がハッシュ値に時刻情報を偽造できないようにして結合したタイムスタンプ(正確にはタイムスタンプトークンと呼びます)を利用者に送付しています。 記録を僅かでも更新した場合、変化したハッシュ値のみがTSAに提示されるので ...
0x 【DEX プロトコル】
0x 【DEX プロトコル】 0x (https://0xproject.com/) は異なるトークン同士を取引する分散型取引所(DEX)を構築するためのプロトコルで、イーサリアムネットワーク上に構築されています。 一般的なDEXでは、取引注文(オーダーブック)や注文キャンセルなどの全てのトランザクションをブロックチェーン上で処理します。 ブロックチェーンの承認作業には時間とコストがかかりますから、取引時にかかる時間と手数料が多くなってしまいます。 更に、イーサリアムネットワーク全体にも負荷がかかり、DEX以外でのトランザクションを阻害する可能性があります。 0xでは、互いにトークンの取引を行 ...
マークル木【Markle Tree】
マークル木【Markle Tree】 マークル木 とは、ファイルのような大きなデータを要約した結果を格納するツリー構造の一種です。 主に入出金記録などの大きなデータの要約と検証を行う際に使用されます。 データ要約および検証時の計算にハッシュ関数を用いているので、ハッシュ木とも呼ばれます。   マークル木は、公開鍵暗号方式の開発者ラルフ・マークルが1979年に発明しています。 原著論文はこちら     マークル木 の構造 マークル木では、2つのデータを1つにまとめて1単位のデータとして取り扱います。       上の図では、トランザクシ ...

最新のニュースについては、Facebookで連絡してください。