ブロックチェーン技術

21.11.2018

マイニング 【mining】

マイニング 【mining】 マイニング は、1.新たなトランザクションのデータをトランザクションプール中から抽出し、2. ハッシュIDを元にいくつかのトランザクションをまとめて新たなブロックを形成し、3. 1つ前のブロックに追加するプロセスです。 ビットコインの場合、このブロック形成のための作業をネットワーク内のマイニング用ノード同士で競争を行い、最も早く追加したマイニング用ノードに対してビットコインが報酬として付与されるようになっています。( PoW )   ビットコインの送信者は、ウォレット内で送金時の手数料を設定できるようになっています。 トランザクションごとに手数料にばらつ ...

一覧へ

21.11.2018

ブロック【block】

ブロック【block】 ブロックチェーンシステムにおいて、一定量のトランザクションデータをまとめて永続的に記録するファイルを ブロック と呼びます。 時間とともに新たに生成されたトランザクションデータは、トランザクションプールと呼ばれるデータ貯蔵庫に一時的に保管され、マイニング作業によって新たなブロックとしてまとめあげられ、正当性が承認されると古いブロックに繋がれてチェーンを形成します。 ブロックがより長くブロックチェーンに埋め込まれるにつれて変更や削除がより困難になり、ブロックチェーンの不可逆的なトランザクションが形成されます。  ...

一覧へ

21.11.2018

トランザクション【Transaction】

トランザクション【Transaction】 入出金情報の管理のように、複数の更新処理を連続で実行し、関連性のある一塊のデータとして管理する必要があるシステムの場合、複数のデータ処理更新を1つの単位にまとめ、管理することが可能です。この処理単位のことを トランザクション と呼びます。 ブロックチェーン上ではトランザクション一つ一つをいつでも参照できるようになっています。   複数の連続更新処理を行う際に、全処理が無事に成功したときだけデータベースの変更を実行することができます。 また、何らかの原因によって一部の処理が正しく実行されなかったときは全更新処理をキャンセルして作業全体を取り消 ...

一覧へ

21.11.2018

タイムスタンプ 【Timestamp】

タイムスタンプ【Timestamp】 タイムスタンプ ( timestamp)はあるイベントが記録された日時・日付・時刻などを記録し、記録が存在していることと改竄されていないことを証明するシステムを指します。 電子署名などで用いられているRFC3161 Time stamp protocolではPKIを利用しており、時刻認証局(TSA:Time-Stamping Authority)がハッシュ値に時刻情報を偽造できないようにして結合したタイムスタンプ(正確にはタイムスタンプトークンと呼びます)を利用者に送付しています。 記録を僅かでも更新した場合、変化したハッシュ値のみがTSAに提示されるので ...

一覧へ

21.11.2018

0x 【DEX プロトコル】

0x 【DEX プロトコル】 0x (https://0xproject.com/) は異なるトークン同士を取引する分散型取引所(DEX)を構築するためのプロトコルで、イーサリアムネットワーク上に構築されています。 一般的なDEXでは、取引注文(オーダーブック)や注文キャンセルなどの全てのトランザクションをブロックチェーン上で処理します。 ブロックチェーンの承認作業には時間とコストがかかりますから、取引時にかかる時間と手数料が多くなってしまいます。 更に、イーサリアムネットワーク全体にも負荷がかかり、DEX以外でのトランザクションを阻害する可能性があります。 0xでは、互いにトークンの取引を行 ...

一覧へ

21.11.2018

マークル木【Markle Tree】

マークル木【Markle Tree】 マークル木 とは、ファイルのような大きなデータを要約した結果を格納するツリー構造の一種です。 主に入出金記録などの大きなデータの要約と検証を行う際に使用されます。 データ要約および検証時の計算にハッシュ関数を用いているので、ハッシュ木とも呼ばれます。   マークル木は、公開鍵暗号方式の開発者ラルフ・マークルが1979年に発明しています。 原著論文はこちら     マークル木 の構造 マークル木では、2つのデータを1つにまとめて1単位のデータとして取り扱います。       上の図では、トランザクシ ...

一覧へ

21.11.2018

マルチシグ – 秘密鍵の分割

マルチシグ- 秘密鍵の分割 マルチシグ とは、公開鍵暗号方式において秘密鍵が2つ以上に分割されている状態のことをいいます。 Copayなどのビットコインウォレットなどに良く用いられる技術で、一定数の秘密鍵情報が揃わないとビットコインにアクセスできないようにすることでセキュリティレベルを上げるケースが多くみられます。 もっとも多く使用されるマルチシグは「2 of 3」という方式で、3つに分割した秘密鍵のうち2つが揃うことでビットコインの送受信ができるように設定されます。 たった1つしかない鍵情報が漏洩した場合、外部の人間にビットコインの送受信を許してしまうことになってしまうので、鍵情報を2つ以上 ...

一覧へ

10.11.2018

人工知能( AI )アドエクスチェンジ Ubex

Ubexは人工知能( AI )と蓄積データを用いて最適な広告の種類を見つけ出し、いつでも広告効率を最大化します。   プラットフォーム内に人工知能が学習可能な統計情報を持ち込むと報酬としてトークンを得られます。 これによって得られた統計情報を元に学習した人工知能に各種広告の収益予測を行ってもらうことが可能になります。     プラットフォーム内の参加者による広告主や情報源に対する評価に関するデータも人工知能によって最適化され、 アカウントごとにペナルティやプライオリティが与えられます。       ニューラルネットワークの強化学習の仕 ...

一覧へ

10.11.2018

ビットコインウォレット

ビットコインウォレット ビットコインウォレット なくして ビットコインを運営することはできません。 送信の指示を出したりビットコインアドレス内の枚数を管理するウォレットを使って、ユーザーにトランザクションを生成するための送受信を行ってもらう必要があります。   2009年にビットコインが誕生して以来、ビットコインのウォレットは仕組みやデザインの仕方によってタイプの異なるものが多く作られてきました。 ウォレットを動かすコンピュータはブロックチェーンネットワーク上で「ノード」と呼ばれ、送受信を行ってトランザクションを発生させたり、取引記録を管理したりとネットワーク上の役割を与えられます。 ...

一覧へ

10.11.2018

ブロックチェーン

ブロックチェーン トランザクションのように連続的に発生するデータを一定容量にまとめた”ブロック”を時系列に沿ってハッシュIDによって繋ぐ形式により、改ざんを防ぎつつ半永久的にデータを保存可能なデータベースを ブロックチェーン と呼びます。 時系列に沿って発生し続けるデータを纏めた記録をブロックと呼び、連続的に発生するブロックを順にハッシュIDで連結して管理しています。 各ブロックには、タイムスタンプと1つ前のブロックへのリンクが含まれています。 理論上は一度ブロックチェーン内にデータが記録されるとブロック内のデータを遡及的に変更することはできないようになっています。 ブ ...

一覧へ