オフショアナビゲーター

オフショア開発に求める ものは何か?ーオフショア企業との関係
オフショア開発に求める ものは何か?ーオフショア企業との関係
オフショア開発に求める もの 、それは一体何でしょうか? ソフトウェアやシステムを海外のIT企業に依頼して開発する。これが、いわゆる オフショア開発 の基本形態です。ひと時代前、日本の企業は、安い人件費を求めて海外でのソフトウェア開発を始めました。この時の オフショア開発 の目的は当然ながら開発費の削減でした。それは、今も尚、委託する相手国は違っても継続あるいは拡大しています。ベトナムの オフショア開発 でも従来は、ポスト中国ということで、安い賃金に着目したものでした。しかし、最近はベトナムのオフショア開発も変わりつつあります。いろいろな課題より、  オフショア開発 に求める もの は、 オフ ...
一覧へ
オフショア開発単価 が意味するもの
オフショア開発を行う上で、 オフショア開発単価 は、予算遂行上、第一のキーファクターになります。でも実際には、トータルの実行予算は「開発単価✕人月」のような単純な掛け算にはならないことは、オフショア開発の経験がある人ならば、誰もが知っていることです。 プロジェクトを成功に導くために、開発単価だけでは、推し量れないオフショア開発の奥深さ(おおげさかもしれませんが)がそこにはあります。ここで、開発単価について今一度考えてみましょう。 委託先国ごとの オフショア開発単価 の違い オフショア開発単価は、委託先の国ごとにその国の物価、人件費などの要因により決まることになります。以下が、2018年度のアジ ...
ベトナム オフショア開発の品質 について考える
オフショア開発の品質 はオフショア実行における最も重要な課題の一つです。品質 が問題になる原因は、いくつかありますがここでは、その一つの原因である品質に対する考え方の違いについて考えてみましょう。ベトナムオフショア開発は、日本とベトナムという、国民性が違う国と国の間で開発を行うのですから、必然的に考え方の違いが影響してくることが予想されます。   どのように国民性が違うのか? まず、ベトナム人の国民性について考えてみましょう。一般に、ベトナム人は勤勉でまじめであると言われています。でもそれは、いわゆる日本人のまじめさとは若干違います。ベトナム人もほかのアジア諸国と違わず、時間にはルー ...
ベトナム人 あれこれ
ベトナム人 のイメージ ベトナムと言えば、真っ先に思い浮かぶのは、アオザイですね。そのアオザイの国の ベトナム人 ってどんな性格を持った人たちなんでしょう? べトナム人 は、54の民族から構成され、キン族が多数で人口の86%を占めていてます。国土は、南北に1,650kmと細長い地形になっていて、当然そこに住む人たちの気質も北部、中部、南部で違っていると言われています。日本でも東京人はちょっと冷たく、大阪人は馴れ馴れしいなどと言われているのと同じですね。実際には、人それぞれで、こうだ!って決めることはできないと思いますが、でも最近は、ベトナムはとても日本人にとっても身近な存在になってきているので ...
オフショア開発 を始める前にやっておきたいこと
オフショア開発 に関する意識調査結果から 少し古くなりますが、IPAの調査データに次のようなものがあります。IPA (Information technology Promotion Agency) が オフショア開発 に関してIT企業に出したアンケートの結果ですが、調査Aでは、70%以上が、「 オフショア開発 を現在より拡大したい」と言っており、調査Bでは、「70%以上が オフショア開発 の予定なし」と答えています。 まったく相反するような結果が出ていますが、実はこれ、調査Aは、すでにオフショア開発を実施している企業からの回答であり、調査Bは過去に一度もオフショア開発を実施したことがない企業 ...
ダナン オフショア開発
ダナンで オフショア開発 2018年10月  目次     1.  ダナンを知ってますか?     2. ダナンはこんなところ     3. ダナンのIT/インフラ事情は?     4....
オフショア開発 (ラボ型)のすすめ
ラボ型 オフショア開発 のすすめ 1.はじめに 皆さんご存知のように、 オフショア開発 のスタイルには、大きく分けると「請負型開発」と「ラボ型開発」の2つがあります。どちらのスタイルも一長一短があるのですが、今回は、ベトナムでのラボ型開発に焦点を当てて、詳しくそのメリットについて紹介したいと思います。   2.ラボ型オフショア開発 のおさらい もう改めて述べるまでもないのですが、ラボ型オフショア開発とは、簡単に言えば、固定メンバーのオフショアチームを一定期間、一定予算で抱え込んで開発を進めるやり方です。言わば、自社の開発拠点の一部をベトナムに構えるということに近いですね。自社の開発拠 ...

最新のニュースについては、Facebookで連絡してください。