Liberzyへの投資をめぐり、「Shark Tank Vietnam」にて3人の投資家が競い合う

BAPが投資するプロジェクト「Liberzy」は9月11日に開催された”Shark Tank Vietnam”にて3人の投資家に激しい競争をもたらしました。3人の投資家はこの会社は間違った方向に進んでおり、魅力が足りてないと評価しました。

 

オンライン旅行代理店の枠を超えて

最近、若者の間ではツアーよりも個人旅行が主流になってきています。彼らはスケジュールを自由に決めれるという理由で個人旅行を選んでいると言います。

個人旅行の需要の増加に伴い、Truong Duc Thang氏は”Liberzy”を作ることを決心しました。

Liberzyは旅行スケージュールを共有し、目的地を評価することができるプラットフォームです。Facebookのニュースフィードが個人の考えを共有する場所ならば、Liberzyはユーザーが旅行した場所のスケジュールとレビューを共有する場所です。

創業者はLiberzyの狙いはOTAサイト(オンライン旅行代理店サイト)を超える顧客中心のサービスを提供することです。旅行ソーシャルネットワークは人々が旅を共有し互いに刺激を受ける「遊び場」のようなものでもあります。

特に、旅行者がLiberzyのアプリで予約をし、レビューを投稿する場合はOTAからの割引が適用されます。

Liberzyの創業者であるCEOは株式の10%である110,000ドルを要求しました

創業者の苦悩

2017年に発表されて以来、Liberzyには約20万人のユーザーがいます。しかし、広告や技術提供による売上はわずか2,000ドルに過ぎません。

スタートアップ事業にとって、創業者は常に顧客獲得の方法に頭を悩まされます。そこで、Liberzyは「Going everywhere together」のような、ダナンへの無料旅行などの特典があるプログラムを企画して、潜在的なユーザーへのアプローチを行っているという。

Liberzyのアイデアはスタートアップコンテストで第3位を受賞し、“Vuon uom Song Han River”によるサポートを受けました。また、このソーシャルネットワークはダナンのエンジェル投資家による投資も受けました。

“Shark Tank Vietnam”に参加することによって、Thang氏は仲間を見つけ、有用な知識を共有しました。

株式会社BAPは2017年10月よりLiberzyのエンジェル投資家となり、技術価値で10万ドルに相当する35%の株式を保有しています。彼は “orchestra of sharks”(技術チーム)の派遣と引き換えに、11万ドルに相当する10%の株式を投資するように勧めました。

 

BAPで働くLiberzy技術開発チーム

Three “sharks” (3人の投資家)による激しい戦い

 

ビジネスモデルは間違った方向に進んでいるとDung氏は言いますが、創業者の器量を考慮して、Liberzyが失敗した場合、Thang氏がLuxstayで働くという条件で40%の株式と引き換えに11万ドルを与えるという提案をしました。


さらに、Liberzyチームのホーチミンでのオフィス賃料2年間分を支払うという。

Thang氏の大胆で柔軟なビジネススタイルに惚れ込んだ”Grandmothor”のDo Lien氏は必ずLiberzyをトップにすると約束し、提案された最初の金額を無条件で受け入れました。

「好きなものの為なら戦わなければいけない」Lien氏は言いました。

「スタートアップの成功を助けるとは決して言わなかったが、失敗するまで見届けるとは言いました。そして重要なのは、失敗したときに誰があなたのそばに居るかということです。」Dung氏は言いました。

数分間考えた後、Truong Thang氏が協力者として決めたのは、他の2人よりも資本提供額が低い”echnology shark”のNguyen Manh Dung氏でした。

 

Technology “Shark” – Shark Dung cooperated with Liberzy

最新のニュースについては、Facebookで連絡してください。